最初にはっきりといってしまえば審査がないカードローンは存在しません。
消費者金融や銀行、カード会社が提供するカードローンでは利用の前に審査が行われます。

審査基準は会社によって異なるので「〇〇社では落ちたが××社では」ということはありますが、それは基準が違うだけで「審査がない」いうことではありません。

ネット上の掲示板などで「審査なし」「審査不要」といった宣伝をする業者を見かけることがありますが、そういった宣伝を行う業者は闇金やカード現金化など違法な業者です。
なのでいくらお金に困っていても利用してはいけません。

お金を借りるために審査が必要な理由

そもそもなぜ審査を行うのか、といえば「顧客の情報を確認して返済可能か判断するため」です。
どんな会社であっても返す当てすらない人間にお金を貸すわけにはいきません。
そのため毎月利息と元金をしっかりと返済することができるか審査で確認するわけです。

お金を借りるときに審査に通らない人の特徴

ではどのような場合、カードローンの審査に通らないかといえば以下の可能性が考えられます。
ただ審査基準や審査に落ちる理由は基本的に公開されないので「可能性がある」程度の話だと思ってください。

希望する借入額が大きい

現在の収入や生活状況に対し、希望する借入額が大きいと審査に落ちる可能性が高いです。
収入が少ない人に多額の貸し付けを行うと、返済してもらえない可能性があるためです。

他社借り入れ件数が多い

既に複数の消費者金融などからお金を借りている場合は審査に通りづらくなります。
「借金をたくさんしている人は返済ができなくなる可能性が高いからお金を貸したくない」という分かりやすい理由です。

年収の3/1以上借りていて総量規制の対象となっている

借入額が多いと判断する基準は会社によって異なりますが、一つの基準として年収の3/1があります。
これは消費者金融における総量規制で、「顧客に対してこれ以上の貸し付けを行ってはいけない」という法規制です。

つまり、客側の立場から言えば「3/1以上は借りることができない」ということになるのです。
銀行には総量規制がありませんが、貸し付けの拡大を批判されて3/1以下の自主規制を行うようになっています。

注意点としてこれはあくまでも「規制の限界値」であって、実際の審査では総量規制以下を目安に貸し付けが行われることが多いです。

過去の返済延滞・遅延など事故情報が残っている

過去の利用履歴は一定期間の間、信用情報と呼ばれる情報に保管されています。ここにはカードローンやキャッシング、リボ払いなどの返済情報が滞納や自己破産など含めて記録されています。

こういった情報を俗に「事故情報」と呼ぶのですが、信用情報に事故情報が書かれていると落ちる可能性が高くないます。
考えてみれば「過去に返済が遅れている人や返済ができなかったには貸したくない」は当然といえば当然です。

カードローンの審査に通るためには?

上で上げた3つのポイントを踏まえて考えると、カードローンの審査に通るためには以下の三つのポイントが考えられます。

借入希望額は最小限にする

借入額が多ければ毎月の返済額や利息負担も大きくなります。その分審査も厳しくなると考えられます。
対策としてはどうしても必要な金額だけ借りるようにして、無駄な借り入れはしないようにしましょう。

別の会社に申し込んでみる

最初に書いたように審査基準は会社によってことなります。
例えばA社の審査に落ちたとしてもB社の審査には受かるということは普通にあります。
なので借入額や収入に問題がないのに落ちてしまった。という場合はほかの会社にも申し込んでみることをおすすめします。

信用情報が回復するのを待つ

どこに行っても借り入れができない、特に過去に長期の滞納や延滞、自己破産を行っているという場合は信用情報に記録されている可能性があります。
その場合信用情報の記録が破棄されるまでまつ方法があります。

ただ破棄されるのは該当する事項が発生してから5年とかなり長いですし、「信用情報になにも書かれていないのは怪しい」と判断され貸し付けが断られる可能性もあるとされています。
一番いいのは借りたお金はしっかりと返し滞納などをしないということでしょう。

審査なしでお金を借りたいときはどうする?

基本的にカードローンでは審査があるので、審査なしということはできません。
これはクレジットカードのキャッシング枠も同じで、キャッシング枠を付帯する際には審査があります。

では「お金がなくてどうしても困った」場合はどうしたらよいか、といえば不用品を売る、もしくは質屋に出すという手があります。

不用品を売る

不用品を売る場合はリサイクルショップなどに直接持ち込むか、ネットオークションなどの個人売買で売るのが一般的です。

使わなくなった物を試しに出品してみると、意外と高く売れる事もあります。

質屋に持ち込む

質屋は法律の区分がカードローンなどの融資と違う、また質草という担保をとるということで信用情報などを調査する審査は行われません。

法律で決められている金利が比較的割高というデメリットはありますが、払えなくても質草が流れるだけで取り立てはないので、もし手元に貴金属などの貴重品があれば質屋がいいでしょう。